大谷がルース越えと本当に認めさせる数字とは

エンゼルス・大谷とベーブ・ルースがよく比較されますよね。

新聞の見出しに「ベーブ・ルース超え」と書かれていますが

本当にベーブ・ルース超えだと認められる成績はどれぐらいでしょうか?

ベーブ・ルースは、投手として記録が残っているのは10年です。

防御率
1914 2 1 3.91
1915 18 8 2.44
1916 23 12 1.75
1917 24 13 2.01
1918 13 7 2.22
1919 9 5 2.97
1920 1 0 4.5
1921 2 0 9
1930 1 0 3
1933 1 0 5

投手として記録が残っている年の打者としての記録は

打席数 ヒット ホームラン 打点 打率
1914 10 2 0 2 0.2
1915 92 29 4 21 0.315
1916 136 37 3 15 0.272
1917 123 40 2 12 0.325
1918 317 95 11 66 0.3
1919 432 139 29 114 0.322
1920 458 172 54 137 0.376
1921 540 204 59 171 0.378
1930 518 186 49 153 0.359
1933 459 138 34 103 0.301

ベーブ・ルースが本格的に二刀流をはじめたのは、1918年です。
投打にわたって活躍したのは、1918年と1919年の2シーズンです。

大谷がこの2シーズンの記録を上回れればベーブ・ルース以上の選手として本当に認められるのではないでしょうか。

同一シーズンに1918年の13勝以上。1919年のホームラン29本以上を上回れれば大多数の人はルース超えと言うでしょう。

ただアメリカでは、ベーブ・ルースは、特別な存在です。
ベーブ・ルースのシーズン最多本塁打の数を上回ったロジャー・マリス(ア・リーグ シーズン最多本塁打記録保持者)を認めていない事もあったので圧倒的な数字で文句なしのルース超えをしてもらいたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です