Autograph

通常開門は、試合の2時間前ぐらいです。
この時間帯は、ホームチームが打撃、守備練習しています。
練習時間帯は、どんな安いチケットでもバックネット裏やベンチの横まで入れます。
(ドジャースタジアムはグランドレベルのチケットが無いと不可)
この時間帯がサインをゲットする最大のチャンスです。
もちろん、ホームチームがだめならビジターチーム側にすかさず移動ですよ。
特に前日の試合で活躍した選手は、機嫌が良いのでサインを貰える確立が上がります。

下の写真のように、選手が練習を終えてクラブハウスに戻る途中にスタンドのファンにサインをする光景をよく見かけます。

サインを頼む時は、「サイン、プリーズ」ではなく、「オートグラフ、プリーズ(Autograph
please)」です。
そして貰ったら必ず「Thank you」の一言を。簡単な英語で十分ですよ。

過去の経験からホームチームよりもビジターチームの方が貰えるチャンスが多い。
ビジターチームは練習終了から試合開始前までの時間に余裕があるのが関係するかも。
特にセントルイス・カージナルスの選手は敵地のセントルイスファンにサインをしてくれる事が多い。
サンディエゴ・パドレスは、サンディエゴでの試合開始前(土曜日限定)に選手がベンチ横でサインに応じる。

私がこれまでにもらったオートグラフです!
チーム名は、入手した時点のものです。

・ゲリー・ガイエティ三塁手(カブス)

・サンディ・アロマー捕手(インディアンス)

・デービット・ジャスティス外野手(インディアンス)

・ホルへ・ポサダ捕手(ヤンキース)

・ブライアン・ハンター(マリナーズ)

・ジェイミー・モイヤー投手(マリナーズ)